業務効率化

【コールシステム】プレディクティブコールのメリット・デメリット

多くのコールセンターは、オペレーターの架電効率が悪いという悩みを持っている。ビジネスフォンに手打ちで電話をかけるよりも、コールシステムを利用することで効率的にはなるが、さらに効率的な架電を行うことができる方法がある。

その方法は、プレディクティブコールを活用することである。

それでは、具体的にプレディクティブコールとはどのような機能なのか説明しよう。

続きを読む

ファイル共有サービスのメリット・デメリット

クラウドサービスが普及したことで、様々な業務効率が向上した。その中の1つにファイルの共有がある。
従来、資料や請求書などのファイルはメールでやりとりされており、その作業は決して効率的とは言えなかっただろう。
そこで今回はファイル共有サービスのメリットについてまとめた。
 

続きを読む

社内SNS活用による5つのメリット

グループウェア製品に搭載されていたり、スマートフォンのアプリケーションなどで社内SNSが人気である。
多くの企業が何かしらの社内SNSを利用し、社内でのコミュニケーションをとっている。
それでは、話題の社内SNSのメリットについて説明しよう。
 

続きを読む

勤怠管理システムのメリットと打刻方法まとめ

勤怠管理の打刻方法は主にタイムカードが主流であった。しかし、最近ではクラウド型の勤怠管理システムの方が多く利用されている。

その理由として、勤怠管理システムはタイムカードに比べ人件費などのコストを削減しつつ、効率的に勤怠管理を行うことができる。

そこで、今回は勤怠管理システムを知る上でシステムではどのような打刻方法があるか説明しよう。

続きを読む

日報を効率的に行う4つの方法

管理者が営業マンを管理する方法の1つに日報がある。

その日の営業マンの業務内容や売上、共有事項など日報で管理や分析することができる内容は様々である。

また、営業マンは日報を通して一日の行動を振り返ることができたり、次の日のスケジュールも立てやすくなる。

しかし、日報は一歩間違えると管理者と営業マンにとって業務の圧迫となってしまう。

そこで今回は、効率的に成果のでる日報について説明しよう。

続きを読む

【CTI】コールシステム搭載のCRM「Synchro」

コールセンター業務を行う企業にとってどのコールシステムを導入するべきかなのだろうか。

数あるコールシステムの中から自社で最適なものを選ぶ際に、比較検討すべき項目は月額料金や通話料金、機能などであろう。

そこで今回はCTI機能が搭載されているシステムSynchroについて説明しよう。

続きを読む

クラウド型ビジネスプラットフォーム「Synchro」

Synchro(シンクロ)は顧客管理や営業支援、グループウェア、CTIの機能も備えている製品である。これほど多機能な製品は例がなく、Synchro一つで社内のあらゆる情報を一元管理し、業務を円滑に進めることができる。

それではSynchroとは一体どのような製品なのであろうか。この記事ではSynchroの機能や魅力について説明しよう。

  続きを読む