コールシステム

【コールセンター管理者必見】プレディクティブコール(Predictive Call)の効果とその機能について

プレディクティブコールとは、コールセンターシステム(CTI)などに登録された架電リストに対して自動発信を行い、お客様(発信先)が電話を取った場合のみオペレーターに繋ぐという仕組みです。

 

原理としてはシステムのバックヤード側で多数のチャンネル(電話回線)で大量発信を行い、繋がったチャンネルをオペレーターに割り当てるといった仕組みです。

 

例えば通常のコールセンターでは、1人のオペレーターが1人のお客様と話すためには、コール時間で平均18秒、不在率が70%だったとすると、60秒待機している計算になりますが、プレディクティブコールを利用すれば0秒に近づけることができます。

続きを読む

コールセンターで使用したいデスクの種類と特徴まとめ

コールセンターには、PC、CTIシステム、電話機等、様々なものが必要です。

これらの他にもデスク、椅子、ヘッドセットもなくてはならないものです。

情シスでは、CTIシステムや電話機についての記事を掲載していますが、今回はコールセンターで使うデスクに着目し、種類と特徴をまとめてみました。

続きを読む

様々なツールを導入することで起こる問題点と解決方法

多様なツールが普及していることで、社内では利用しているツールは増えている。今まで面倒だった作業や人力では行うことができなかった業務も簡単に行うことができるようになった。

しかし、様々なツールを多く導入した結果、逆に問題が生まれている企業は多い。

そこで今回は企業が多くのツールを導入していることで生まれる問題点とその解決方法についてまとめた。

続きを読む

【コールシステム】プレディクティブコールのメリット・デメリット

多くのコールセンターは、オペレーターの架電効率が悪いという悩みを持っている。ビジネスフォンに手打ちで電話をかけるよりも、コールシステムを利用することで効率的にはなるが、さらに効率的な架電を行うことができる方法がある。

その方法は、プレディクティブコールを活用することである。

それでは、具体的にプレディクティブコールとはどのような機能なのか説明しよう。

続きを読む

今すぐクラウド型コールシステムに乗り換えるべき3つの理由

あなたのコールセンターではどれくらいの期間、同じコールシステムを利用しているだろうか。

約5年以上同じシステムを利用しているのであれば、機能や料金を一度見直してみるべきである。

コールシステムを乗り換えると操作方法が変わるなど一苦労ではあるが、コールシステムを見直すことで生産性の向上やコスト削減に成功した事例は多くある。

そこで今回はコールシステムを世代別に分けて、クラウド型のコールシステムに乗り換えるべき3つの理由について説明しよう。

続きを読む

コールシステム(CTI)人気3製品の機能・料金を徹底比較

これからコールセンターを新たに開設する、またはコールシステムの乗り換えを考えている企業にとって、たくさんあるコールシステムから1つを選択するのは一苦労である。

コールシステムには比較検討すべき項目が多数ある。例えば、機能やその操作性、デザイン、導入費、回線料金が主になるだろう。特に比較検討するポイントは月々にかかるコストではないだろうか。

そこで今回はアウトバウンドに特化した人気のコールシステムを徹底比較した。それぞれのシステムの特徴を紹介した後、一覧でまとめているため参考にしてほしい。

続きを読む

コールシステム「FUSION Outbound PRO」

多くのコールセンターではオペレーターの業務効率をより向上させるために日々頭を悩ませている。オペレーターの1日の架電回数はコールシステムによって大きく差が出る。そのためコールシステム選びはコールセンターにとって、大変重要である。

そこで今回はFUSION Outbound PROについて説明しよう。

続きを読む