メールマーケティングとは?メリットとおすすめのシステム

世の中にはポスティングやWeb広告、テレビCMなど様々なマーケティング活動が存在するが、中でもメールマーケティングは再度注目を集めている。

メールマーケティングは誰でも行うことができ、コストをあまりかけずに実施することができるため、メールマーケティングをメインのマーケティング活動としている企業も多い。

それでは、なぜメールマーケティングが今の日本において重要視されているのか改めて説明しよう。

続きを読む

【売上・業務効率UP】顧客管理システム導入5つの成功事例

顧客管理システムを導入することでどのような効果が得られるのであろうか。

顧客管理システムの導入を検討している企業にとって、他企業の導入事例は重要な検討材料となるだろう。

そこでの記事では顧客管理システムを導入したことで実際に効果のあった企業の事例を紹介する。

数ある成功事例の中でも、どの企業にもありがちな課題を解決した事例を選んでいる。

続きを読む

社内のあらゆる業務を効率化する「ALL-IN」とは

社内にはシステムを活用することで効率化することができる業務は多くある。

ALL-IN(オールイン)は顧客管理のみならず営業支援、会計や人事などの分野の業務効率化をはかることができる。

それぞれの分野のみを効率化する製品は多数あるが、全て1つの製品でカバーしてしまうシステムはそれほど多くはない。

それではALL-INの主な機能や月額料金について説明しよう。

  続きを読む

グループウェアとは 導入メリット・機能まとめ

グループウェアとは社内の情報を一元管理し業務を効率化するシステムである。グループウェアを利用することで効率化される業務は多い。

例えば稟議書の申請と承認やファイルの管理など煩雑になりがちな業務を効率化することができる。

また、社内のコミュニケーションを円滑にすることもできる。チャット機能やWeb会議機能などを利用することで場所や時間を選ばず報告・連絡・相談ができる。

一般的なグループウェアの月額コストはあまりかからず、1人あたり数百円で利用することができる。無料の製品も提供されているので何かしらのグループウェアを導入している企業は多い。

それでは次にグループウェアを導入することでどのようなメリットがあるか説明しよう。

続きを読む

SFA システムとは 導入のメリット・機能まとめ

SFA(Sales Force Automation)システム(以下SFA)は日本語に訳すと「営業支援システム」となり、営業マンの営業活動を効率化することを目的としているシステムである。

従来、営業マンの経験やセンスによって案件獲得数や受注確度に差がつくことが多かった。

新人社員や経験の浅い営業マンとベテラン営業マンでは営業スキルに差がでてしまうのである。

経歴や営業に携わった年数の違いで差がでるのは当たり前のことと思われるかもしれない。

しかし、SFAは商談の進捗状況や営業マンの行動を管理し、アドバイスやフォローを行うことにより、誰もが営業活動を効率的に行うことができる環境を作り出すことができる。

続きを読む

CRMシステムとは 導入メリット・機能まとめ

CRMシステムとは、顧客情報を管理し、営業活動の質を向上させることを目的としたシステムだ。

顧客情報と一括りに言っても項目は様々で、BtoBであれば企業名や所在地、商談内容、請求書などの書類をすべて紐付けて管理することができる。

BtoCでは顧客名や電話番号などはもちろん、来店ポイント数や過去の商品購入履歴なども主な顧客情報として紐付けされる。

この他にも顧客からのお問い合わせ内容の管理や自社のWebサイトの閲覧履歴なども残し顧客情報を蓄積する。

続きを読む

無料の顧客管理システム・Excelテンプレートまとめ

「顧客管理を行いたいが、運用コストが自社の予算と合わない」これは、多くの経営者が顧客管理システムの導入を断念する理由である。

顧客管理システムの運用コストはピンキリではあるが、未だに料金が高いというイメージを持っている経営者も多いようである。

しかし、多種多様なシステムが増えるにつれて、無料で利用することができる製品もリリースされるようになってきた。また、顧客管理システムを導入する前に、無料のExcelテンプレートを利用している企業も増えてきている。

この記事ではシステム導入に予算がうまく割けない企業向けに、無料で利用することができる顧客システムとExcelテンプレートについてまとめている。

続きを読む

業務効率化のすべて

業務効率化とは無駄な業務の廃止・削減または最適化を行うことである。

社内での不必要な業務を廃止していくことで労働時間や経費の削減を見込むことができる。

情シスでは業務効率化はあくまで手段であり、目的は労働生産性の向上にあると考えている。

無駄な業務が削減することや、時間の余裕を持つことは素晴らしいことではあるが、本来の目的は業務効率化を手段とした労働生産性の向上にあるのではないだろうか。

続きを読む