低コストで運用可能な顧客管理システム5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

顧客管理システムの導入を検討している企業にとって考慮すべき項目は多岐にわたる。

例えば、クラウド型やオンプレミス型などの導入形態を選択したり、各製品の機能が自社のニーズに合っているのかなどが挙げられるだろう。特に月々にかかるランニングコストは導入前の検討項目として大きな要素を占めるのではないだろうか。

顧客管理システムの導入を検討している企業の中には導入後のランニングコストが自社の予算に合わず断念することも少なくはない。

この記事では、数ある顧客管理システムの中でもコストを多くかけず、無理なく運用を続けることができる製品を紹介しよう。

低コストで運用できる顧客管理システム

低コストで運用することができる主な顧客管理システムは下記のとおりである。

  • Prius Pro(とにかく安く顧客管理システムを利用したい企業向け)
  • Synergy! Basic(安価な顧客管理システムに自社のニーズに合った機能を追加したい企業向け)
  • Kairos3(安価で顧客管理システムとマーケティングシステムを利用したい企業向け)
  • Kintone(コストをかけずに様々な機能を利用したい企業向け)
  • 働くDB(安価で自社のニーズに合った顧客データベースをカスタマイズしたい企業向け)

それぞれの顧客管理システムの細かな機能は製品ごとに異なる。そのため、あくまで顧客管理機能をベースとした製品を紹介する。

Prius Pro

priuspro

コア・プロジェクト株式会社の提供するPrius Proは月額最低1,000円から利用することができる顧客管理システムである。とにかく安く顧客管理システムを利用したい企業向けの製品である。Prius Proは今回紹介する製品の中では最安値となる。

Prius Proの月額料金は顧客データ件数ごとの従量課金制である。詳しい月額料金は下記のとおりである。

顧客データ件数 月額料金
〜1000人 1,000円
〜3000人 2,000円
〜5000人 3,000円
〜6000人 4,000円
〜7000人 5,000円
〜10000人 6,000円
10001人~ 別途見積もり

顧客データ件数が1000件までの場合、月額1,000円で利用することができる。顧客データ件数が10000件でも月額6,000円とかなりリーズナブルであると言える。

Prius Proは低価格のためか2016年時点で2000社以上の店舗に導入されている。

Prius Proの詳しい機能などの製品内容は「店舗向け顧客管理システムのPrius Proとは」を参照していただきたい。

Synergy! BASIC

シナジーマーケティングの提供する顧客管理システム「Synergy!」とは

Synergy! BASICは最低料金15,000円から利用することができる顧客管理システムである。Synergy! BASICはメールマーケティングや顧客へのアンケートを行うことができるオプション機能を追加することができる(別途料金)。そのため安価な顧客管理システムに自社のニーズに合った機能を追加したい企業向けの製品であると言える。基本的な顧客管理を行いたいのであればSynergy! BASICだけでも利用することができる。

Synergy! BASICの月額料金は顧客データ件数に応じて変動する。詳しい内容は下記のとおりである。

顧客データ件数 月額料金
0〜5000件 15,000円
5001〜10000件 30,000円
10001〜20000件 50,000円
20001〜30000件 80,000円
30001〜40000件 110,000円
40001〜50000件 130,000円

月額料金が安価である理由は、Synergy! BASICはパッケージ製品ではなく必要な機能を追加して利用する製品だからであると言える。他の顧客管理システムはパッケージ化されていることが多く、顧客管理機能以外の機能も利用することができる反面、その分コストがかかってしまう。対してSynergy! BASICは顧客管理機能だけを搭載している製品であるためコストを抑えて運用することができる。

Synergy! BASICやその他の追加することができるオプション機能に関しての詳細は「シナジーマーケティングの顧客管理システム「Synergy!」とは」を参照していただきたい。

Kairos3

Kairos3

Kairos3は最低料金5,000円から利用することができる顧客管理システムである。安価で顧客管理システムとマーケティングシステムを利用したい企業向けの製品である。Kairos3は顧客管理機能が搭載されている他にも、メール配信や問い合わせフォームなどの作成を行うことができる。パッケージ製品であるため、顧客管理機能以外の機能も低価格で利用することができる。

Kairos3の月額料金は顧客件数、自社Webサイトの月間PV、月間メール配信数のうち最も利用料金が高いものを基準とした従量課金制である。

顧客データ
件数
月間PV数 月間メール
送信数
月額料金
100件 5000PV 1500件 5,000円
1000件 15000PV 15000件 10,000円
3000件 45000PV 45000件 20,000円
10000件 150000PV 150000件 30,000円
15000件 225000PV 225000件 45,000円
20000件 300000PV 300000件 60,000円
30000件 450000PV 450000件 90,000円
50000件 750000PV 750000件 120,000円

他に紹介した顧客管理システムとは料金の算出方法が異なるが、平均して安価で運用することができるシステムである。Kairos3は顧客管理機能だけではなく、低コストでマーケティングシステムを利用することができるのも大きな特徴である。Kairos3の詳しい内容は「低コストなマーケティングシステム「Kairos3」とは」を参照してほしい。

kintone

kintone_TOP画像

kintoneはサイボウズ株式会社が提供するクラウド型Webデータベースである。月額料金はライトプランで1ユーザーあたり780円である。このデータベースをベースとして顧客管理システムや営業支援システムとして利用することができる。そのためコストをかけずに様々な機能を利用したい企業向けの製品である。

kintoneの月額料金は下記のとおりである。

プラン名 ライトコース スタンダードコース
月額料金 780円/1ユーザー 1,500円/1ユーザー
アプリ数 200個 1000個
スペース数 100個 500個

ライトコースとスタンダードコースの違いは利用することができる機能数が異なる点である。多くの機能を必要としない企業はライトコースを選択してもよいだろう。

顧客管理機能以外の機能や詳しい料金内容については「機能を自由にカスタマイズできるkintoneとは」を参照してほしい。

働くDB

働くDB_TOP画像3

働くDBはカスタマイズ性の高い顧客管理システムである。月額料金は20ライセンスで月額50,000円となっており、1ユーザーあたり2,500円となる。働くDBは顧客管理のみならず、販売管理や校庭管理など自社のニーズに合わせてデータベースを構築することができる。そのため自社のニーズに合った顧客データベースをカスタマイズしたい企業向けの製品であると言える。詳しい月額料金内容は下記のとおりである。

ユーザー数 月額料金
20ライセンス 50,000円
30ライセンス 60,000円
40ライセンス 70,000円
60ライセンス 80,000円
80ライセンス 90,000円

働くDBではユーザー数が多くなるほど1ユーザーあたりの月額料金が安くなっていく。そのため、ユーザー数が多い企業でも安心して導入しやすい製品である。カスタマイズ次第で自由にシステムを構築することができるため、他のパッケーシ製品とは違い、どの業種でも利用することができるシステムである。働くDBの詳しい内容は「カスタマイズ性が高いWebデータベース働くDBとは」を参照していただきたい。

 

まとめ

顧客管理システムの運用コストが自社の予算と合わず導入を断念する企業は少なくはない。そのためシステム導入を検討するに当たって運用コストは最も注目すべき点の1つだろう。

とは言え、単純に月額料金が安価であれば良いとは言えない。顧客管理システムを自社でどのように運用していくかを事前に考え、その運用方法に合った機能をしっかり精査した上でコストが自社の予算と見合った製品を導入すべきだと情シスでは考えている。

そのため上記に挙げた顧客管理システムの月額料金を参考にし、自社で導入すべきシステムの検討材料の1つにしてほしい。

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
本サイト「情シス」編集長、マーケティング担当。
マーケティングの視点から、様々なクラウドサービスについて執筆しています。
気になるシステム、サービスがありましたらお気軽にお問い合わせください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード