顧客管理・案件管理システム「SkyDesk CRM」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SkyDesk CRM(スカイデスク シーアールエム)はBtoB向けの顧客管理、案件管理システムである。

多くの企業はお客様の情報や商談内容を営業マンが独自に管理している。しかし、この管理方法だとマネージャーは営業活動の進捗度合いが見えにくいという問題点がある。その解決策の1つとして営業マンからマネージャーまで閲覧可能な共通のフォーマットで商談記録を残す方法が挙げられる。

SkyDesk CRMは営業マンが無理なく商談進捗を報告し、マネージャーが管理することができるシステムである。それではSkyDesk CRMについて説明しよう。

SkyDeskとは

SkyDesk CRMは富士ゼロックス株式会社が提供するクラウド型の顧客管理・案件管理システムである。売上予測や受注案件予定などのレポートの作成、営業マンのタスク管理などを行うことができる。

SkyDesk CRMにはマーケティング活動を支援する機能はないため営業マン向けの製品であると言える。そのため料金は顧客データ件数や月間メール配信数などではなく、ユーザー数に応じて決まる。

また、SkyDesk CRMは同社の提供するシステムと連携することでSkyDesk CRM上でメールマーケティングやWebトラッキングを行うことができるようになる。

次にSkyDesk CRMの機能と連携することができる製品について説明しよう。

 

SkyDeskの機能

顧客管理

顧客管理では顧客の連絡情報やメール配信履歴などを一元管理することができる機能である。主な機能は下記のとおりである。

顧客管理 お客様の住所、電話番号などの基本情報や商談情報を一元管理することができる
データ統合 重複した企業やお客様の情報を統合することができる
メール管理 お客様とのメールのやり取りを顧客情報の画面で確認することができる
シートビュー 顧客情報を表計算シートのような形式で一括編集することができる

案件管理・商談管理

案件管理・商談管理では案件の進捗管理や過去の商談の内容を管理することができる。主な機能は下記のとおりである。

進捗管理(ステージ) 商品(サービス)の提案から受注までのステップを可視化することができる。
帳票 見積書や受注書などの作成と管理をすることができる

進捗管理では受注までのステップを可視化することで社内で進捗状況を共有することができ、売上見込みや実績の把握を行うことができる。

また、帳票機能では見積書、受注書、発注書、請求書の作成や管理をすることができる。各帳票のフォーマットは自由にカスタマイズでき、複数のテンプレートを使いわけることができる。

活動管理・日報管理

活動管理・日報管理では営業マンの活動予定や履歴を組織内で共有することができる。また活動予定や履歴は顧客や商談に紐づけて管理することもできる。主な機能は下記のとおりである。

営業日報 商談の結果を入力するだけで簡単に日報を作成することができる
ToDo・リマインダー 特定の期日までにやるべきことをタスクとして管理することができる。
Googleカレンダー
連携
Googleカレンダーと同期することができる

SkyDesk CRMではGoogleカレンダーと同期することができ、既存でGoogleカレンダーを利用している場合は、運用を変えることなく利用することができる。

レポート&ダッシュボード

レポート&ダッシュボードでは商談状況や活動実績などをレポートやグラフにすることができる機能である。

レポート 受注案件予定や営業マンの活動報告をリアルタイムで集計する
定期レポート レポートを定期的にメール添付で送信することができる
ダッシュボード 複数のグラフを1つの画面で確認することができる

レポート機能では表示項目や抽出条件を設定することで、必要なデータだけをレポートにすることができる。

定期レポート機能ではレポートを定期的にメール添付で送信することができるためSkyDesk CRMを利用していないメンバーにもレポートを共有することができる。

売上予測

売上予測では売上目標に対しての進捗を把握することができる。売上目標は毎月または四半期ごとに設定することができ、達成状況は組織内で共有することができる。

Eメール

Eメールの機能では既存で利用しているメーラーから顧客にメールを送信する際、BCCでSkyDesk CRMにもメールを送信することでメールのやり取りを顧客情報に紐づけることができる。またSkyDesk CRMに顧客情報がない場合のメール送信は自動的にデータを作成することができる。

フィード

フィードの機能ではメッセージの投稿を行うことができ、組織内でコミュニケーションをとることができる。また営業データや案件情報の変更も通知することができる。

関係する情報を集約 担当している案件データへのコメントや情報の変更などが表示される
メッセージやコメント投稿 SkyDesk CRM上でユーザー間でのメッセージやコメント、ファイル添付をすることができる
案件フォロー 自分が担当していない案件も自動的にフィードに表示される

自分が担当する案件データは自動的にフィードに表示される。また、担当していない案件をフォローすることによりその案件データもフィードに表示することができる。他にもフォローの条件を指定することで、条件に当てはまる案件が発生した場合は自動的にフォローすることができる。

ドキュメントライブラリー

ドキュメントライブラリーの機能では提案書などの資料を組織内で共有することができる。共有する範囲は指定することができるため、必要な資料だけを組織内で共有することができる。

スマートフォンから接続

SkyDesk CRMはスマートフォン(iOS、Android)からも利用することができる。そのため外出先でも案件の進捗情報の確認をすることができたり、位置情報を使用し現在地から近い顧客を地図上で確認することができる。

他システムと連携

SkyDesk CRMは富士ゼロックス株式会社が提供する製品と連携することでメールマーケティングを行うことができたり、お客様の問い合わせ内容を管理する機能を追加することができる。

SKY-DESK1

連携できる製品は下記のとおりである。

SkyDesk Cards R (名刺管理) 名刺をスマートフォンで撮影し情報を読み込み、SkyDesk CRMのデータベースで管理することができる。
SkyDesk Campaigns (メールマーケティング) メール配信の自動化やメールの開封率、本文内のURLのクリック数などを計測することができる
SkyDesk SalesIQ (Webトラッキング) Webサイトに訪問したお客様がどのWebページを閲覧しているのかリアルタイムで追跡することができる機能である
SkyDesk Reports (レポート作成) SVやTSVなどのファイル形式のデータを取り込んでグラフを作成し、簡単にレポートを作成することができる
SkyDesk Support (顧客サポート) 問い合わせ内容を顧客ごとに管理することができる
SkyDesk Projects (プロジェクト管理) 複数のプロジェクトを一元管理することができる。
SkyDesk Mail (メール) ドメインを設定することで既存のメールアドレスで送受信を行うことができる
SkyDesk Docs (ドキュメント管理) オンラインでファイルを管理し、外出時でも文書やPDFなどのファイルを確認、編集することができる
SkyDesk Motivator (営業成績管理) 営業状況を可視化し目標達成度を管理することができる

各システムの連携には別途料金が発生するため詳しくは「SkyDeskサービス一覧」で確認してほしい。

 

SkyDesk CRMの月額料金

SkyDesk CRMの料金プランはスタンダードプラン、プロフェッショナルプラン、エンタープライズプランの3つ

の中から選択することができる。この3つのプランは料金と利用できる機能が異なるため自社のニーズに合わせたプランを選択しよう。

各プランの月額料金と主な機能は下記のとおりである。

スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ
9,120円/6ヶ月/ユーザー 15,390円/6ヶ月/ユーザー 26,790円/6ヶ月/ユーザー

営業活動支援

フィード

分析

Webサイト連携

ワークフロー管理

SkyDesk Campaigns連携

SkyDesk SalesIQ 連携

SkyDesk Reports 連携

SkyDesk Motivator 連携

SkyDesk Projects 連携

SkyDesk Support 連携

SkyDesk PhoneBridge 連携

Googleカレンダー同期

スタンダードの機能

一括送信メールの時間設定

問い合わせ管理

在庫管理

アクセス権限

SkyDesk メールオプション

Google連絡先同期

プロフェッショナルの機能

複数通貨

自動メール送信

テリトリー管理

SkyDesk Creator連携

導入事例

SkyDesk CRMを導入している一部の企業を紹介しよう。

 

まとめ

SkyDesk CRMは安価で運用することができ中小企業でも比較的導入しやすいシステムである。また、SkyDesk CRMはシンプルな顧客管理・案件管理システムであるが、自社のニーズに合わせて他のサービスと連携させることで運用の幅を広げることができる。

SkyDesk CRMは30日間の無料トライアル期間を実施しているので導入前に試してみるのも良いだろう。

今後のSkyDesk CRMには運用コストを抑えつつ、さらなる機能の追加を期待したい。

 

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
システム製品の紹介記事を担当しています。
様々なシステム製品を皆様に知っていただくために、幅広い種類のシステム製品についてご紹介しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード