【分析・レポート】BIツールとは?おすすめツールまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BIツールとは、企業の持つあらゆるデータを多角的に収集し、分析するものである。

企業は迅速な意志決定が求められており、その意志決定を行うために、いかに分析結果を効果的に活用することができるかが課題となっている。

その課題を解決するために、BIツールの導入を検討している企業も多くなってきた。

そこで今回は、おすすめのクラウド型BIツールについてまとめた。

 

BIツールとは

bi%ef%bc%bfbi%e3%81%a8%e3%81%af

BIツールの”BI”とはビジネスインテリジェンスツールの略称である。

BIツールの導入することで、企業に蓄積されたあらゆるデータを収集し分析を行うことができ、エクセルではわかりにくい情報も、円・棒グラフなど適宜わかりやすく情報を加工し、可視化してくれる。

 

BIツールは社内にある膨大なデータを簡単な操作で、即座に分析・集計し、わかりやすく表示してくれる。従来、膨大な時間を要するデータ分析をすぐさま行いレポートにすることができるため、管理者やチームの意志決定のスピードを速める手助けを行うのである。

 

さらに、クラウド型のBIツールを利用することで、場所や時間を問わずデータの分析を行うことができる。そのため、移動中や商談中でもデータの分析が可能となる。

また、分析結果を社内で共有することができるのも利点である。例えば、チーム内のメンバーが離れた場所からでも同じ分析結果を共有しながらミーティングを行うことができたり、支店間でも同様の情報を見ながら目標の落とし込みや、進捗状況を把握することができる。

 

このように、BIツールは今まで困難であったデータの分析・集計を場所や時間を選ばずに即座に行うことができ、それをわかりやすくレポートにするツールなのである。

 

おすすめのBIツール

現代のビジネスに欠かせないものになりつつあるBIツールでだが、どのような製品が提供されているのだろうか。多数ある製品の中から自社の課題に合うツールを選定するのは困難である。そこで今回はおすすめのBIツールを紹介するため、ぜひ参考にしてほしい。

今回紹介するBIツールは下記の通りである。

  • Oracle BI クラウド
  • Power BI
  • Motion Board
  • Yellowfin
  • Qlik Sense Cloud
  • Laleel BI

 

Oracle BI クラウド

%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%ab

Oracle BI クラウドは、日本オラクル株式会社が提供するクラウド型のBIツールである。同社は米国オラクル・コーポレションの日本法人である。

 

Oracle BI クラウドは、ExcelやCSVだけではなくSalesforceやGoogle Analyticsなど様々なデータソースと連携することができる。

基本的に操作は簡単で、かつ分析結果の表示をわかりやすく自動でグラフ化してくれる。

クラウドサービスであるため、場所を選ばず利用することができる。

さらにデバイスも問わないため、遠距離でも複数のユーザーで共有することも可能である。

 

月額料金

Oracle BI クラウドの月額料金は最低料金で、1ユーザーあたり9,000円となっている。利用するチームの規模や機能の内容に応じて料金が変動する。

 

Power BI

%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc

Power BIは、Microsoftが提供するクラウド型のBIツールである。

同製品を利用することで、財務やマーケティング、セールス、人事など社内のあらゆるデータを分析することができる。

基本的な操作はドラッグ&ドロップで行うことができ、直感的に利用することができる。

また、同社が提供するMicrosoft Dynamics CRMはもちろんのこと、SlesforceやGithub、Google Analyticsなどと連携して利用することができる。

 

月額料金

Power BIの月額料金は、基本無料である。そのため、BIツールの導入に経費が割けない企業も導入することができる。

基本的には無料プランでも問題なく利用することができるが、データの容量の上限をあげたり、機能を拡張したい場合は1ユーザーあたり1,090円となる

 

Motion Board

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

Motion Boardは、ウイングアーク1st株式会社が提供するBIツールである。

分析することができる内容は予算実績管理や営業マネージメント、インサイドセールスなどである。

 

肝心の分析結果は円・棒グラフはもちろんのこと、レーダー形式や散布図までユーザーが一目で内容を把握することができるようになっている。

 

月額料金

Motion Boardは、最低月額料金30,000円〜となっている。具体的な料金は提供元に問い合わせてみてほしい。

また、無償トライアル期間もあるため、導入する前にぜひ活用しよう。

 

Yellowfin

%e3%82%a4%e3%82%a7%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3

Yellowfinは、Yellowfin Japan株式会社が提供するBIツールである。Yellowfinはオーストラリアで設立され、世界の100万人に利用されている

50種類以上のグラフが標準で用意されており、情報の把握が最もしやすいものを選択することができる。

すべての作業をWeb上で行うことができるため、PCへのインストールの必要なしで、すぐに利用することができる。

 

料金

Yellowfinは、5ユーザーでの利用で300,000円/年〜となっている。1ユーザーあたり月額で考えると5,000円となるため、比較てき安価で運用することができるツールである。

 

Qlik Sense Cloud

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9

Qlik Sense Cloudは、Qlikが提供するBIツールである。世界の約40,000社で利用されている。

医療や金融サービス、小売、製造業、財務、マーケティングなど様々な業種で活用することができるツールである。

 

月額料金

Qlik Sense Cloudの月額料金は5ユーザーまでなら、無料で利用することができる。

6名以上で利用した場合やストレージ容量を上げたい場合は有料となる。(詳細な料金は問い合わせ)

 

LaKeel BI

lakeel

LaKeel BIは、株式会社レジェンド・アプリケーションズが提供するBIシステムである。

国内製品であるため、日本の企業に多く利用されている。インターフェイスはエクセルのようになっており、馴染みやすくなっている。

そのため、主にエクセルで作成したデータを元に分析する、ツールである。現在、エクセルを活用している企業は、そのままの情報をLaKeel BIにインポートし分析することができる。

 

月額料金

要問い合わせ。

 

まとめ

BIツールは製品によって、機能、価格、ソリューションが異なる。それぞれの特性を比較検討し、自社にとって最適なBIツールを導入してほしい。

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
本サイト「情シス」編集長、マーケティング担当。
マーケティングの視点から、様々なクラウドサービスについて執筆しています。
気になるシステム、サービスがありましたらお気軽にお問い合わせください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード