おすすめクラウド型会計ソフト3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

経理業務は会計ソフトで行うことが一般的になってきている。

とはいえ、未だにエクセルで行っている企業も多い。

そこで今回はクラウド型会計ソフトを導入するメリットとオススメの会計ソフトを紹介しよう。

クラウド型会計ソフトを導入するメリット

クラウド型会計ソフトは経理担当の業務を簡素化し、効率化をはかることができるツールである。

会計にまつわるほとんどの処理を自動で行ってくれるため、簿記の知識がなくても基本的な会計処理ができてしまう。

 

また、クラウドサービスで提供されていることで、インターネット環境さえあればどこでも利用することができるといった強みがあり、PCの破損や災害時などもデータが消失することはない。

 

さらに、パッケージ型とは異なり、他サービスとの連携も可能になる。

例えば、会計ソフトと決済管理システムを連携することで、自動で決済内容が反映され、さらに業務効率化につながるといったことである。

 

このように、クラウド型の会計ソフトを導入することにより、現在行っている経理業務をスムーズに行うことができるのである。

 

おすすめクラウド型会計ソフト3選

今回紹介するクラウド型会計ソフトは下記の3製品である。

  • MFクラウド会計
  • freee
  • 弥生会計

それでは順に説明しよう。

 

MFクラウド会計

%e4%bc%9a%e8%a8%88mf%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89

特徴

MFクラウド会計は株式会社マネーフォワードが提供する中小企業向けの会計ソフトである。

MFクラウドは会計の他に、確定申告や請求書、給与計算など様々なソフトを提供している。

クラウドサービスで提供されているため、PCが壊れたり、災害時にもデータを失うことはない。

また、MFクラウドは経理担当の業務を効率化するため、あらゆる業務を自動化することができる。

 

機能

MFクラウド会計の主な機能は下記の通りだ。

  • 明細データの自動取得
  • 明細データの自動仕訳
  • レポートの自動作成
  • 分析アプリ対応

MFクラウド会計に搭載されている機能を利用することで、会計業務を自動化することができる。

銀行講座、クレジットカード、POSレジ、通販などの明細を自動で取得し、取引詳細から自動で勘定科目が選択されるのである。

また、売上、キャッシュフローのレポートが自動作成されるため、社内のお金の流れをグラフで可視化することができる。

 

料金

MFクラウド会計の料金プランは下記の3種類である。

プラン名 ライト ベーシック バリューパック
月額料金 1,980円 2,980円 3,900円
年額料金 21,780円 32,780円 なし
初期費用 無料 無料 無料
部門数 2部門 無制限  
ストレージ 100MB 10GB  
特徴 従業員5名未満の企業向け 従業員5名以上の企業向け 会計
請求書
給与計算
経費精算
マイナンバー
管理機能
が利用可能

MFクラウド会計を利用し、会計業務を行うのであれば、ベーシックプランを選択すべきである。また、別のソフト(請求書・給与計算など)を合わせて利用するのえれば、バリューパックを選択する方がお得である。

 

MFクラウド会計は45日間の無料お試し期間があるため、ぜひ活用しよう。

 

freee

freee

特徴

freeeはfreee株式会社が提供する会計ソフトである。利用社数はとても多く認知度も高い。

クラウドサービスで提供されており、スマホからでも利用することができる(一部機能)。会計のみならず、給与計算、請求書管理、マイナンバー管理など、freee1つで経理担当の業務が完結するようになっている。

機能面では定期的にアップデートが行われており、常に最新の機能を利用することができる。

実際にfreeeを導入している企業の評価も高く、安心して利用することができるだろう。

 

機能

freeeの主な機能は下記の通りである。

  • 入金管理
  • 経費精算
  • 電子帳簿
  • 決算書の作成
  • 出納帳の作成
  • 請求書の管理
  • レポート

 

freeeは経理初心者でも簡単に利用することができるのが売りである。画面に従って操作するだけで決算書などを簡単に作成することができる。

レポートにすることができる項目も多岐にわたり、売掛金・買掛金のレポートから試算表、総勘定元帳などがある。それぞれはCSVまたはPDFで出力することができる。

この他にも機能は多数あるが、そのどれもが、経理担当者の業務効率化を1番に考えたものとなってる。

そのため、直感的な操作性に加え、一目で経営状況を把握することができたり、業務の自動化を行うことができるなど、従来の会計業務をスムーズに行うことができるような機能が搭載されている。

 

料金

freeeのプランは3種類用意されている。それぞれのプランで利用することができる機能が異なる。自社の運用方法に合わせて選択しよう。

プラン名 ライト ビジネス エンター
プライズ
月額料金 1,980/円 3,980円 問い合わせ
決算書
請求書
権限管理
部門別会計
電子帳簿保存 ×
サポート
内部統制 × ×

プランごとの機能詳細はこちらを参照してほしい。

ライトプランとビジネスプランには30日の無料お試し期間があるため、ぜひ活用しよう。

 

弥生会計オンライン

%e5%bc%a5%e7%94%9f%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

特徴

弥生会計オンラインは弥生株式会社が提供するクラウド型の会計ソフトである。

登録ユーザー数は140万人を超えている。

弥生シリーズはクラウド型の他に、PCに直接ダウンロードして利用するデスクトップアプリも提供している。

 

機能

弥生会計オンラインの大まかな機能は下記の通りである。

  • 取引入力
  • 仕訳の入力
  • 取引データのインポート
  • 会計帳簿の作成
  • 決算書の作成
  • レポートの作成

 

取引データは自動で取り込まれ、仕訳されるため、入力の手間と時間の削減が可能である。また、各種レポートや決算書類も自動で作成される。

レポート機能多岐に渡り、取引・残高のレポートや損益レポート、貸借レポート、消費税の確認などがある。また、帳簿も現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、仕訳帳、総勘定元帳まで管理することができる。

 

料金

弥生会計オンラインのプランは下記の3種類である。

プラン名 無料体験プラン セルフ ベーシック
料金 無料
(最大2ヶ月)
28,080円/年 32,400円/年
備考 決算書作成
機能が
利用不可
全ての機能が利用可能 ・各種サポート
・仕訳相談、
経理業務相談
など

弥生会計オンラインは年契約のみとなるため注意が必要である。

また、プランによって受けられるサポートが異なるため、会計知識に不安を持つ経理担当者はベーシックプランを選択するのも良いだろう。

 

弥生会計オンラインは最大2ヶ月の無料体験プランがあるため、ぜひ活用しよう。

 

まとめ

経理担当にとって会計ソフトは大きな助けになるだろう。

未だにアナログで会計管理を行ってる企業は多い。IT技術を導入するだけで経理担当だけではなく社内全体の業務効率化につながる。

また、会計ソフトは比較的安価で導入することができるため、一度検討してみてはどうだろうか。

今回は会計ソフトを紹介したが、経理担当は合わせて請求書管理ソフトについての記事「おすすめのクラウド型請求書管理サービス6選」も参考にしてほしい。

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
本サイト「情シス」編集長、マーケティング担当。
マーケティングの視点から、様々なクラウドサービスについて執筆しています。
気になるシステム、サービスがありましたらお気軽にお問い合わせください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード