匿名客を見込み客に育成する「アンノウンマーケティング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

見込み客を1件でも多く獲得するための手法として「アンノウンマーケティング」が注目を集めている。

インターネットの普及により、今やほとんどの企業が自社のWebサイトを運営している。企業が運営するWebサイトの目的の1つに見込み客の獲得がある。

マーケターは1件でも多くの見込み客を獲得するために思考を凝らしているだろう。

そこで今回紹介するのは、匿名客に対してマーケティングを行うアンノウンマーケティングについて説明しよう。

アンノウンマーケティングとは

アンノウンマーケティングとはWebサイトに訪れた未知の訪問者(=アンノウンユーザー)に対して個別のアプローチを行うマーケティング手法である。

「Webサイトに訪れた未知の訪問者」とは、名前やメールアドレス、電話番号などの顧客情報が不明な訪問者のことである。

 

それではなぜアンノウンユーザーに対しアプローチを行うマーケティングが注目されているのか説明しよう。

 

アンノウンマーケティングの必要性

従来のWebマーケティング手法では、Webサイト内に訪問者にとって良いコンテンツを配信し、Web訪問者から顧客情報を入力してもらい、より多くの見込み客を獲得することを目的としてきた。

しかし、企業のWebページのほとんどが理想とする見込み客数を獲得できていない。

その背景の1つとして

「Web訪問者はコンテンツを読んだだけで、そこから先の顧客情報を入力してくれない」

といった課題がある。

どれだけ素晴らしいコンテンツを配信し続けていても、顧客情報を入力してくれるWeb訪問者は全体の訪問者のうち、平均でわずか2%ほどなのである。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0_%e5%9b%b31

つまり、残り98%に対して何のアプローチできず、顧客情報を獲得する前にWebサイトから離脱させてしまっているのである。

もし、この取り逃がしていた98%のWeb訪問者対し、効果的なアプローチを行うことができれば、現状よりもさらに多くの見込み客が獲得できるのではないだろうか。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0_%e5%9b%b32

アンノウンマーケティングは、この98%のメールアドレスも電話番号も不明なアンノウンに対してアプローチを行い、見込み客数を拡大することができる。

それでは具体的にどのようにアンノウンに対してアプローチを行えばよいのだろうか。

 

アンノウンマーケティングの手法

アンノウンマーケティングを行うためには、専用のシステムを導入することを前提として説明する。

アンノウンマーケティングでは、Webサイトの訪問者に個別のIDを割り当て、訪問者を個別に特定する。

そのIDをもとにWebのステータスを把握することができたり、Web上での行動を分析しアプローチすることができる。

 

Web訪問者のステータスやWeb上での行動は異なる。

ステータスの例を出すと、Webサイトへの「初回訪問」「リピート訪問」「一定期間訪問のない休眠」などがある。

従来、アンノウンユーザーに対しては一括りに同様のアプローチを行ってきたが、アンノウンユーザーを分析しセグメントすることで最適なアプローチを行うことができるようになった。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0_%e5%9b%b33

最適なアプローチを行うことで、アンノウンユーザーを見込み客へ育成するのである。

それでは具体的にどのようなアプローチを行えば良いのだろうか説明しよう。

 

アンノウンマーケティングのアプローチ例

アンノウンユーザーに行うアプローチ例は下記の通りである。

  • ポップアップ、コンテンツの出し分け
  • ユーザーの興味関心に基づいた広告
  • チャット

これらのアプローチをアンノウンユーザーのステータスや行動履歴をもとに最適なかたちで提供するのである。

新規訪問者とリピート訪問者では訴求内容が異なる。例えば新規訪問者に対してはサイトの利用を促すためにサイトの利用方法や問い合わせ先をポップアップ表示するのが適切である。またリピート訪問者に対しては過去の訪問履歴や興味関心を特定し、適切なコンテンツや広告の出し分けを行うことで、アンノウンユーザーを育成していくのである。

また、チャット機能をWebページ内に設置するアプローチも効果的である。チャットは顧客情報を入力せずとも問い合わせを行うことができるため、来訪者にとって、とても手軽に利用することができるツールである。

今まで問い合わせの前のWeb来訪者とは接点をもつことが難しかった、対して来訪者が問い合わせを行いやすいチャット機能をWebサイト内に搭載することで、今までなかったアンノウンユーザーとの接点を持つことができる。

 

アンノウンマーケティングが行えるシステム紹介

アンノウンマーケティングを効率的に行うことができるマーケティングシステムの内2つを紹介する。

  • SATORI
  • ティファナUM

 

SATORI

satori_top

SATORIはSATORI株式会社が提供するマーケティングシステムである。

アンノウンユーザーと見込み客の両方を管理することができ、アンノウンユーザーへのアプローチに関してはターゲティング広告やポップアップの出し分け、チャットを行うことができる。

また、SATORIは見込み客へのアプローチ機能も搭載している。ランディングページやお問い合わせフォームの作成から設置、メール配信機能、顧客を分析しスアリング機能を搭載している。

月額料金は100,000円となっており中小企業も安心して導入できるシステムである。

ティファナUM

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%8a

ティファナUMは株式会社ティファナ・ドットコムが提供するマーケティングシステムである。

主な機能はアンノウンユーザーのサイト内行動履歴の分析やユーザーの興味キーワードの自動分析、ユーザーごとに最適なコンテンツの出し分け、バナーやポップアップの作成から設置までを行うことができる。この他にもティファナから改善の提案やレポートの提出などのサポートを受けることができる。

月額料金はサポートを含め180,000円となっている。

 

まとめ

テクノロジーの進歩により、今まで諦めていたアンノウンユーザーに対しアプローチを行うことができるようになった。

自社のWebサイトから獲得することができた見込み客よりも、Webサイトに訪問しただけのアンノウンユーザーは圧倒的に多い。このアンノウンユーザーを少しでも多く見込み客に育成できればマーケターの1つの課題が解決するだろう。

見込み客の拡大を目指すのであれば、ぜひアンノウンマーケティングを実施することをおすすめする。

 

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
本サイト「情シス」編集長、マーケティング担当。
マーケティングの視点から、様々なクラウドサービスについて執筆しています。
気になるシステム、サービスがありましたらお気軽にお問い合わせください!

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード