匿名客を見込み客へ育成する「SATORI」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マーケターは1件でも多くの見込み客を獲得するために日々頭を悩ませているだろう。

セミナーや展示会、自社Webページからの問い合わせなど見込み客を獲得するためのマーケティング施策は多数ある。

中でもWebサイトでのマーケティング施策は、お客様と対面することがないため見込み客を獲得しづらい。

今回紹介するSATORIはWebサイトに訪れたお客様にアプローチし、見込み客を増やすことに特化したマーケティングシステムである。

 

SATORIとは

SATORIはSATORI株式会社が提供するマーケティングシステムである。

主に集客から見込み客へのアプローチ、マーケティングオートメーションを行うことができる。そのため、SATORIは営業マンが利用するよりもマーケターや経営者向けのシステムであると言える。

 

SATORIの特徴

SATORIではアンノウンマーケティングに注力しており、自社Webサイト訪問者のうち、問い合わせに至らなかった「匿名客」を見込み客へ育成することができるという特徴がある。

具体的には、Webページから問い合わせる前の「匿名客」の購買意欲にあわせてアプローチを行い見込み客の母数を増やすことができるシステムである。

satori_%e7%89%b9%e5%be%b4

Webサイトを訪れたユーザーのうち、既に自社が情報を持っている顧客は2%ほどであり、残りの98%はどのような人物なのか不明である。

SATORIでは、この98%の「匿名客(アンノウン)」に対してマーケティングを行い見込み客に育成することを得意としている。

それでは具体的な機能について説明しよう。

 

SATORIの機能

SATORIの主な機能は下記の通りである。

管理機能

  • 匿名ユーザー管理
  • 実名ユーザー管理

 

「匿名客」へのアプローチ機能

  • 行動セグメント
  • ターゲティング広告
  • ポップアップ
  • チャット接客

 

「メアドあり客」へのアプローチ機能

  • LP/フォーム設置
  • メール配信
  • スコアリング

 

マーケティングオートメーション機能

  • シナリオ設定

それでは順に説明しよう。

 

管理機能

匿名ユーザー管理

匿名ユーザー管理ではWebサイトに訪れたうちの問い合わせに至らなかった「ウェブのみ客」の行動履歴を蓄積する機能である。行動履歴は過去30日間にWebサイトに訪れた回数やWebサイトへの流入経路などである。

実名ユーザー管理

実名ユーザー管理ではWebサイトに訪れたうちの問い合わせに至った「メアドあり客」の行動履歴を蓄積する機能である。行動履歴は匿名ユーザーと同様である。

 

また、匿名ユーザーと実名ユーザーはダッシュボードで一元管理され総数や各ユーザーの増減も把握することができる。

 

「ウェブのみ客」へのアプローチ機能

行動セグメント

Web行動から、購買意欲の高い「ウェブのみ客」をセグメントしグループに分けることができる。セグメントしたグループを分析したり、特定のグループに対して広告やポップアップ、テキストで訴求することができる。

ターゲティング広告

ターゲティング広告は指定したセグメントに対して外部サイトの広告配信でアプローチする機能である。主にFacebook、GDN、YDN、DSPへの配信ができる。

ポップアップ

ポップアップは指定したセグメントに対してポップアップで情報を訴求することができる機能である。また、システム上で簡単にポップアップを作成することができ、A/Bテストやセグメント別にポップアップを出し分けることもできる。

さらに、ポップアップを自社サイトに表示するためのHTML・CSSは自動生成されるためコピー&ペーストで簡単にサイトに実装することができる。もちろんポップアップの表示回数やクリック数、あらかじめ設定した目標の到達数も確認することができる。

チャット接客

satori_%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e6%a9%9f%e8%83%bd

指定したセグメントに対してリアルタイムチャットでの接客を行う機能である。

顧客情報を入力する問い合わせフォームとは異なり、リアルタイムチャットは匿名で質問を行うことができ、敷居が低いため匿名ユーザーともコンタクトをとりやすい。

 

「メアドあり客」へのアプローチ機能

LP/フォーム設置

問い合わせを獲得するためにランディングページ(LP)や問い合わせフォームを設置することができる。

メール配信

指定したセグメントに対して、メール配信を行うことができる。また、メールのテンプレートをあらかじめ作成しておくことができるため、効率的にメールを送信することができる。

また送信したメールのURLクリック数や資料ダウンロード数、開封率、拒否率などの結果を出すことができる。

スコアリング

スコアリング機能では、お客様を購買意欲で優先順位付けし、商談に適した「メアドあり客」を抽出することができる。温度感の高い見込み客を可視化することで、効率的なアプローチを行うことができ、成約の確度を上げることができる。

 

マーケティングオートメーション機能

シナリオ設定

ステップメールや商談アラートなど特定のアクションを自動化することができる。

例えば、見込み客がメールの開封したことをトリガーにステップメールを配信することができる。

 

他社連携

SATORIはサイボウズ社が提供するkintoneと連携することができる。マーケティングシステムであるSATORIとkintoneを営業支援システム(SFA)として連携させる。

kintoneについては『機能を自由にカスタマイズできる「kintone」とは』を参照してほしい。

 

SATORIの料金

SATORIの料金と内容は下記の通りである。

基本プラン 100,000円/月
kintone連携(オプション) 30,000円/月
補足事項 カスタマー数10万件まで
(180日間の延べ数、定額を超えた場合0.1円/1件の課金)
メール配信通数10万件まで
(定額を超えた分は0,1円/1件の課金)

(初期費用 100,000円)

SATORIは基本プランのみとなっており、上記で説明した機能の全てを利用することができる。

またkintoneと連携して利用する場合別途オプション料金が必要となる。注意点としてオプション料金はあくまでkintoneとの連携の際に発生する費用であるため、kintoneの利用料金は別途発生する。

この他にも他社顧客管理システムとの連携ができるため、自社のシステムと連携したい場合はSATORI株式会社に問い合わせてほしい。

 

さらにSATORIでは無料トライアルも提供している。有料版とは異なり制限があるため注意しよう。

詳しい制限内容は下記の通りである。

項目 制限内容
実名ユーザー(メアドあり数) 100件
匿名ユーザー(ウェブのみ数) 10,000件
メール配信 1,000件/月
サポート ヘルプサイトのみ

(月額料金 無料)

無料トライアルは上記の制限内であれば期限なしで利用することができる。ユーザー数やメール配信数に制限はあるが、SATORIに搭載されている全ての機能を利用することができる。

実名ユーザー数と匿名ユーザー数は月単位での件数ではなく、累計での件数となるため注意しよう。

そのため、いずれ無料トライアルを有料に切り替えるタイミングが来る。そのため、あくまで有料版を導入する前のお試しとして利用しよう。

 

まとめ

SATORIは今まで見えづらかったWeb訪問者に対してアプローチを行うことができるシステムである。つまり、SATORIを導入することで今まで逃していた、Web訪問者からも顧客情報を獲得することができる。

問い合わせ件数をさらに増やしたいと考えているのであれば、無料トライアルから始めてみてはどうだろうか。

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
システム製品の紹介記事を担当しています。
様々なシステム製品を皆様に知っていただくために、幅広い種類のシステム製品についてご紹介しています。

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード