コールシステム「Callbility」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コールシステムを選ぶ際は、オペレーターが業務を効率的に行うことができる製品を選択するのが望ましい。システムを導入してもオペレーターの生産性が低ければ、人件費やシステム運用費の無駄遣いである。コールシステムを導入してから後悔しないためにも十分な比較検討が必要である。

そこで今回はクラウド型のコールシステム、Callbilityについて説明しよう。

Callbilityとは

Callbility(コールビリティー)は株式会社シナジーが提供するコールシステムである。Callbilityはアウトバウンドに特化しており、受注効率と稼働時間の最大化を目標としたシステムである。

機能はモニタリングやささやき機能、集計機能などコールシステムには欠かせない機能が搭載されている。

またCallbilityはクラウド型サービスであり、PCとヘッドセット、通信環境を整えるだけで利用することができる。さらにオペレーターのコール数を意識した作りとなっており、人件費の削減も見込むことが特徴である。

最低2席から導入することができ、インターネット環境さえあれば複数の拠点でも一つのコールセンターとして統合して管理することができる。

それでは次にCallbilityの機能について説明しよう。

 

Callbilityの機能

Callbilityの主な機能は下記の通りである。

  • モニタリング・ささやき
  • コール状況確認
  • オートダイヤル
  • 再コールアナウンス
  • 全通話録音
  • チャット機能
  • テロップ表示
  • 自動集計

それでは順に説明しよう。

 

モニタリング・ささやき

モニタリング機能を利用することでオペレーターとお客様との会話を管理者がリアルタイムで確認することができる。また、ささやき機能はお客様と通話中のオペレーターに管理者がアドバイスを送ることができる機能である。

 

コール状況確認

コール状況確認オペレーターがリストのどのお客様とどれだけ話しているかなどの、架電状況を管理者が把握することができる機能である。

 

オートダイヤル

一定時間お客様が電話に出なかった際、次のお客様へ自動で架電する機能である。これにより架電効率を向上させることができる。

 

再コールアナウンス

決済者が不在の際に再架電する日時を設定しておくことで、指定した時間になると画面にアラート通知される。

 

全通話録音

オペレーターとお客様の会話を全て録音することができる。通話内容を保存しておくことにより、成功事例の共有やお客様とのクレームも防止することができる。

 

チャット機能

コール中にチャットを行うことができる。管理者がオペレーターへのアドバイスを行ったり、新人オペレーターがベテランのオペレーターに質問することができたりと、お客様との通話を止めずにやり取りを行うことができる。

オペレーターの中には、アドバイスでささやき機能に提供がある。

 

テロップ表示

テロップ表示はコールセンター内での獲得状況やイベントの告知などを流すことができる。各オペレーターがチーム全体の目標の進捗を把握することや、モチベーションのアップにつなげることができる。

 

自動集計

自動集計機能ではオペレーターの発信件数、対話数、稼働率を確認することができる。

 

Callbilityの料金

Callbilityの料金はコールセンターの規模やブース数によって変動するため詳しくは問い合わせてほしい。

 

まとめ

Callbilityはコールシステムに必要な機能が搭載されている。オートダイヤルや再コールアナウンスなどオペレーターの業務効率を上げる機能や、ささやき機能やチャットでオペレーターをフォローすることもできる。

Callbilityの料金はコールセンターの規模によって変動するため問い合わせてほしい。

また、Callbilityと他のコールシステムを比較している記事もあるため、ぜひ参考にしてほしい。

コールシステム(CTI)人気4製品の機能・料金を徹底比較

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
システム製品の紹介記事を担当しています。
様々なシステム製品を皆様に知っていただくために、幅広い種類のシステム製品についてご紹介しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード