無料の顧客管理システム・Excelテンプレートまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「顧客管理を行いたいが、運用コストが自社の予算と合わない」これは、多くの経営者が顧客管理システムの導入を断念する理由である。

顧客管理システムの運用コストはピンキリではあるが、未だに料金が高いというイメージを持っている経営者も多いようである。

しかし、多種多様なシステムが増えるにつれて、無料で利用することができる製品もリリースされるようになってきた。また、顧客管理システムを導入する前に、無料のExcelテンプレートを利用している企業も増えてきている。

この記事ではシステム導入に予算がうまく割けない企業向けに、無料で利用することができる顧客システムとExcelテンプレートについてまとめている。

顧客管理システム・Excelどちらを利用すべきか

顧客管理システムを導入するか、Excelを利用するかという点であるが、それぞれメリットとデメリットがあるので説明しよう。

 

顧客管理システムのメリット・デメリット

顧客管理システムを利用するメリットとして、クラウドで管理することができることが挙げられる。特に営業マンが外出先などで顧客情報を見たいときなどに有用である。またクラウド管理することで最新の情報をユーザーの誰でも閲覧することができる点も挙げられる。

 

次にデメリットとしては、現状Excelでの顧客管理を行っている営業マンにとってシステムの操作方法を新たに覚えなおさなければならないという点がある。今までの顧客管理の方法が変わってしまうことをおっくうに感じてしまったり、ITに明るくない営業マンはシステムの導入に抵抗を持ってしまうことは少なくはない。

 

Excelのメリット・デメリット

Excelでの顧客管理のメリットとしては、多種多様なテンプレートから選択することができるという点である。自社のニーズ合ったフォーマットを探すのであればシステム製品よりも選択肢も多く、知識があれば自身でフォーマットを書き換えることも可能である。

 

デメリットとしては、Excel管理では顧客情報を社内で共有することが難しく、属人化してしまいがちである。顧客情報を個人管理にしてしまうことで、大切な顧客情報を企業の資産として管理することができなくなってしまう。また、Excelデータでは問い合わせ内容や商談履歴などを顧客に紐付けて管理しにくいといったデメリットもある。

 

まずは上記の顧客管理システムとExcelの各メリット・デメリットから自社でどちらの運用がニーズに合っているか選択してほしい。

それでは次に無料で利用することができる顧客システムとExcelテンプレートを紹介しよう。

 

無料の顧客管理システム

今回紹介する無料の顧客管理システムは下記の通りである。

  • フリーウェイ顧客管理
  • Zoho CRM
  • クラウドサービス サスケ
  • UNITS
  • Fullfree

それでは順に説明しよう。

 

フリーウェイ顧客管理

フリーウェイ4

フリーウェイ顧客管理はクラウド型の顧客管理システムである。データ共有することができるユーザー数は3名までとなる。操作方法もシンプルで自由にデータベースの作成ができる。また、今まで顧客管理をExcelで行っていた企業もデータを簡単に移行することができる。

利用期間 無制限
バージョンアップ料 無料
ユーザー数 3ユーザーまで
データ容量 100MB
導入方法 クラウド型
サポート なし
主な機能 データベース作成

 

Zoho CRM

ZohoCRM_TOP画像2

Zoho CRM(ゾーホー シーアールエム)はゾーホー株式会社が提供するクラウド型の顧客管理システムである。10ユーザーまで利用することができるため、組織での運用も可能である。

機能面では顧客管理や商談管理を行うことができ、最大で25,000件の顧客データを格納することができる。またワークフローの機能も利用できるため、無料でありながら機能面は充実している。

利用期間 無制限
バージョンアップ料 無料
ユーザー数 10ユーザーまで
データ容量 顧客データ25,000件
導入方法 クラウド型
主な機能 顧客管理 商談管理 ワークフロー

 

クラウドサービス サスケ

サスケアイキャッチ

クラウドサービス サスケは株式会社インターパークが提供するクラウド型の顧客管理システムである。利用することができるユーザー数は3名までとなっており、少人数または個人単位で顧客管理を行うことができる。

顧客データ登録件数は300件までとなっている。機能は顧客管理や商談、電話の対応履歴を残すことができたり、メールの一括送信も行うことができるのが強みである。

利用期間 無制限
バージョンアップ料 無料
ユーザー数 3ユーザーまで
データ容量 顧客データ300件
導入方法 クラウド型
主な機能 顧客管理 電話や商談対応履歴 メール一括送信

 

UNITS

ユニッツ

UNITS(ユニッツ)は有限会社ユニッツが提供する顧客管理システムである。無料版では主に個人で顧客を管理したい人向けの製品である。

機能面では顧客管理を行うことができる他、社員の個人情報を登録することや社員のスケジュール管理などのグループウェアの機能も搭載している。また、無料版はクラウド型ではないので個人のPCにUNITSをインストールして利用する。

利用期間 無制限
バージョンアップ料 無料
ユーザー数 主に個人利用
データ容量 無制限
導入方法 インストール型
主な機能 顧客管理 従業員管理 スケジュール管理

 

Fullfree

フルフリー5

Fullfree(フルフリー)は株式会社フリースタイルが提供する顧客管理システムである。主な機能は顧客管理であるが、FullfreeはCTIの機能も搭載している。そのため電話の着信と同時に電話対応した顧客情報が表示され電話の受付を効率よく行うことができる。Fullfreeは特に美容院などで効果を発揮するシステムである。

利用期間 無制限
バージョンアップ料 無料
ユーザー数 5ユーザーまで
データ容量 顧客データ3,000件
導入方法 クラウド型
主な機能 顧客管理 CTIシステム

 

無料の顧客管理システムまとめ

上記で紹介した無料で利用することができる顧客管理システムを表でまとめたので参考にしてほしい。

製品名 フリーウェイ顧客管理 Zoho CRM   クラウドサービス サスケ   UNITS   Fullfree  
利用期間 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
バージョン
アップ料
無料 無料 無料 無料 無料
ユーザー数 3ユーザーまで 10ユーザーまで 3ユーザーまで 主に個人利用 5ユーザーまで
データ容量 100MB 顧客データ25,000件 顧客データ300件 無制限 顧客データ3,000件
導入方法 クラウド型 クラウド型 クラウド型 インストール型 クラウド型
機能 データベース作成 顧客管理 商談管理 ワークフロー 電話や商談対応履歴 メール一括
送信
顧客管理 従業員管理 スケジュール管理 顧客管理 CTIシステム

 

無料のExcelテンプレート

エクセルテンプレート2

顧客管理システムに頼らずExcelでも顧客管理を行うことはできる。顧客管理システムを新たに導入するよりも使い慣れたExcelを利用したいと考える人もいるだろう。

 

そこでExcelで顧客管理を行いたい人向けに無料で配布されているExcelテンプレートを紹介しよう。

今回紹介する無料のExcelテンプレートは下記の通りである。

  • エクセルカードHARI
  • 書式の王様
  • 顧客管理名簿
  • Excel FORM 顧客管理

それでは順に説明しよう。

 

エクセルカードHARI

エクセルカードHARIは管理項目を自由に編集することができる。ニーズに合った項目をカスタマイズすることで業種を選ばず利用することができる。無料版では登録データ数が最大で100件までとなっている。

その他の強みとして、宛名や住所などの項目をハガキや封筒に印刷することができる。

 

書式の王様

書式の王様は87件あるテンプレートの中からニーズに合ったものを選択することができる。顧客管理のみにとどまらず、商談管理表やアポイント管理表などのテンプレートも提供している。また、顧客管理用のテンプレートは小売業や建設業、サロンなど様々な業種でも提供されている。書式の王様では多種多様なテンプレートが用意されているため自社で使い勝手のよいExcelテンプレートを探してみてはどうだろうか。

 

顧客管理名簿

顧客管理名簿は株式会社エクセル工房Inageが提供している無料テンプレートである。データ入力フォームではフリガナや住所の自動入力や住所から郵便番号を呼び出す機能があり、情報入力に手間をかけず効率よく行うことができる。また宛名や住所などをハガキや封筒に印刷することができる。

 

Excel FORM 顧客管理

Excel FORM 顧客管理はSystemWatanabeが提供するExcelテンプレートである。主な機能としては項目を選択して一覧表印刷やCSV出力を行うことができる。また売上履歴を入力することで売上の一覧表示や売上集計表を印刷することができる。またハガキや封筒へ印刷することもでき、印刷範囲を指定することもできる。

 

まとめ

無料ながらしっかりとした顧客管理を行うことができるシステムやExcelテンプレートは多数ある。有料の製品よりも機能や利用ユーザー数に限はあるが、顧客管理のみの利用を前提として少人数で運用する分には無料の製品でも十分に活用することができる。

数ある無料の製品の中から、自社で運用する製品を選ぶコツとして、製品のUIと操作性を1番のポイントにしてほしい。閲覧したい項目を探しだすことや、使い勝手が自社と合わない製品を毎日利用することはストレスになるからである。そのためできる限りわかりやすく、使いやすい製品を選ぶのがよいだろう。

 

広告

この記事を書いた人

情シスくん
情シスくん
本サイト「情シス」編集長、マーケティング担当。
マーケティングの視点から、様々なクラウドサービスについて執筆しています。
気になるシステム、サービスがありましたらお気軽にお問い合わせください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料Ebook : 情シス式マーケティング
見込客情報を収集し最大限活用することで
売上を倍増させるための全手法

顧客管理システムやマーケティングオートメーションなどのテクノロジーについて調べているがよくわからないと悩んでいませんか?本書は弊社やクライアント様が顧客情報をフル活用して下記の内容を実現します。

・1人あたりの生産性が1.5倍になる方法
・従来の100倍の見込客とコミュニケーションを取り続ける方法
・マーケティングオートメーションの全て

など、セールスパーソンが効果を実感できる具体的な施策内容を全27ページに渡って詳細に説明しているものです。
是非、貴社のマーケティングにもご活用ください。


無料Ebookをダウンロード