マーケティング

【情シスが提案】属人化は深刻な問題になりつつある。システム導入で解消がおすすめ

属人化とは、企業の何かしらの業務を特定の人物が担当し、その人にしかわからない状況や情報が増えることを意味します。これらに起因する問題は従業員が退職した場合や転勤した場合などに発生し、顧客引継ぎ問題や業務エラーなど様々な問題が生じる可能性があります。

 

属人化が発生しやすい状況で事業を進めると、その人がいなければ仕事が回らない状況になり、日がたつにつれどんどん状況は悪化します。そのため、人員が少なく離職率の高い中小企業では、これらの対策は必須といえます。そこで、属人化とは対照的に業務を標準化(誰でもできるようにマニュアルを作成したり、システムによる共有を行うこと)させることで、問題発生源を未然に防ぐ取り組みが注目されつつあります。

続きを読む

【コールセンター管理者必見】プレディクティブコール(Predictive Call)の効果とその機能について

プレディクティブコールとは、コールセンターシステム(CTI)などに登録された架電リストに対して自動発信を行い、お客様(発信先)が電話を取った場合のみオペレーターに繋ぐという仕組みです。

 

原理としてはシステムのバックヤード側で多数のチャンネル(電話回線)で大量発信を行い、繋がったチャンネルをオペレーターに割り当てるといった仕組みです。

 

例えば通常のコールセンターでは、1人のオペレーターが1人のお客様と話すためには、コール時間で平均18秒、不在率が70%だったとすると、60秒待機している計算になりますが、プレディクティブコールを利用すれば0秒に近づけることができます。

続きを読む

アウトバウンドコールセンターの営業成績管理について

アウトバウンドコールセンターではアポインターの志気を高めるために大きなホワイトボードで営業成績管理を行ったりします。

このホワイトボードは管理者によって毎朝更新しなければならず、面倒な側面もありますが、うまく作成できればアポインターが業務中に適宜ホワイトボードを見てモチベーションを高めるきっかけになったりします。

私はさまざまなコールセンターを見てきましたが、ホワイトボードを見ればそのコールセンターの活気が一目でわかったりします。それほどモチベーションとホワイトボードの関わりが深いと考えています。

ホワイトボードの工夫次第でアポインターの志気が高められるとしたら良いと思いませんか?

今回は、アウトバウンドコールセンターでよく行われている営業成績管理についてご紹介したいと思います。

続きを読む

コールセンターで使用したいデスクの種類と特徴まとめ

コールセンターには、PC、CTIシステム、電話機等、様々なものが必要です。

これらの他にもデスク、椅子、ヘッドセットもなくてはならないものです。

情シスでは、CTIシステムや電話機についての記事を掲載していますが、今回はコールセンターで使うデスクに着目し、種類と特徴をまとめてみました。

続きを読む

マーケティングオートメーションのメリット・デメリット

マーケティングオートメーションの運用には、ある程度のマーケティング知識が必要であるため、導入に慎重にならなければならない。そのため、マーケティングオートメーションの導入を検討しているのであれば、あらかじめ導入のメリットとデメリットを知っておく必要がある。

それではマーケティングオートメーションのメリットとデメリットはどのようなものなのだろうか。

続きを読む

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとはマーケティング活動をITのチカラで自動化し、効率良く質の良いマーケティングを行うためのツールである。

マーケティングにおける生産性を高めることができる他、自動化により人為的ミスを大幅に減らすことができるのが特徴である。

それでは、具体的にマーケティングオートメーションがどのようなものなのか説明しよう。

続きを読む

【デザイン別】無料の請求書テンプレートまとめ

請求書を1から作成するのは手間がかかる。そこで活用したいのが、請求書作成ツールを提供している企業が無料公開しているテンプレートである。

特に請求書は顧客に送付するため、見た目やわかりやすさに気を使わなければならない。

そこで今回は数ある請求書テンプレートの中からおすすめのテンプレートをデザイン別に紹介する。

続きを読む